小学校受験の本質とは

小学校受験と聞くと、受験という言葉から、中学受験や高校受験同様、つめこみの学習をしたり、とりあえずの面接用の答えを暗記したりしてその場を何とか取り繕い、合格するために時間をかけて辛い思いをしながら乗り越えるというイメージを抱きやすいと思います。
でも、小学校受験の本質は、そういった中学受験や高校受験とは質が全く違うものだと思います。
だからこそ、面接には父親と母親の両親の同席が求められるのでしょうし、家庭での教育方針なども問われることになるのでしょう。
つまり小学校受験は、学力という能力だけでなく、子どもの性格や頑張る力、そして家庭でどれだけ支えを得ているかということなどをトータルに見て、小学校の方針と合うか合わないかを選別するということになります。
小学校受験の本質は、このサイトでどうぞ。

none